ホワイトデーは、なぜホワイトなのか?

バレンタインデーが終わり、チョコレートをいただいた方は、お返しに何を贈ろうか悩まれている方もいらっしゃることでしょう。

3月14日は、ホワイトデー。
バレンタインデーにチョコレートを贈るのは日本だけ・・・
というお話を前回致しましたが、1か月後の3月14にお返しをするという習慣も日本だけです。

やはり、菓子業界が作ったようなのですが、昭和40年代以降、ビスケット、マシュマロ、キャンディなど、お返しの贈り物として宣伝販売するようになったそうです。

元祖については諸説ありますが、3月14日にホワイトデーを定めた理由は、269年2月14日、兵士の自由結婚禁止政策に背いて結婚しようとした男女を救うためにウァレンティヌス司祭は準拠したが、その1か月後の3月14日、その2人が改めて永遠の愛を誓い合ったと言われることに由来するとしています。

1973年の新聞記事の記録として、ホワイトには、「幸福を呼ぶ」「縁起が良い」という意味があるということで、バレンタインデーの1か月後に、ホワイトデーを設定したと伝えられているそうです。

そして、近年では恋人同士のお返しには、お菓子だけではなく、アクセサリーなども一緒にプレゼントするようになりました。
また、義理チョコ的な贈り物へのお返しも、癒しブーム以降は、お菓子だけではなくアロマや入浴剤などの贈り物も人気のようです。
また、日本の影響で、最近では、韓国、台湾、中国の一部でもホワイトデーが行われるようになったそうです。

何を贈ろうか悩まれている方は、カラーバスのホワイトとピンクはいかがですか?

ピンクには、「セルフラブ」♡という意味もありますので、いつもがんばっている女子に、感謝の気持ちを込めて「お風呂でゆっくり疲れを癒してね」と贈られては如何でしょうか?

クリア7包

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに
4月14日は、オレンジデー。(日本のみ。韓国は11月14日)
オレンジやオレンジ色のプレゼントを贈る日。

オレンジ7包

 

 

 

 

 

韓国では、ブラックデー。

バレンタインやホワイトデーに縁のなかった男女が黒いものを飲食する日。

由来は、オレンジが「花嫁の喜び」という花言葉を持つこと。オレンジは花と実を同時につけることから、ヨーロッパでは愛と豊穣のシンボルとされ、オレンジは花嫁を飾る花として頭につけるコサージュに使われます。2人の愛を確かなものにし、オレンジやオレンジ色のプレゼントを贈る・・・ということで、愛媛県のかんきつ類農家が1994年に発案したとされています。

オレンジは、喜びの色です♪

5月13日は、メイストームデーと言って
別れ話を切り出すのに最適な日、別れ話をしていい日・・・なのだそうです。

色の効果を見る

参考は、ウィキペディア/ホワイトデー

LINEで送る