快眠へ導く入浴法

快眠へ導く入浴法

睡眠は人間が生きていく上で欠かせませんが、すぐに寝付けず悩んでいる方は多くいらっしゃいます。快眠するための方法は色々ありますが、入浴も快眠するための1つです。こちらでは快眠へ導く入浴法をご紹介しています。

熱すぎる温度は避ける

ぬるま湯より熱めのお湯に浸かった方がリラックスできると感じる方は少なくないですが、熱すぎるお湯に浸かると逆に寝付けなくなります。熱いお湯は交感神経を刺激してしまいますので、眠ろうとしてもすぐに眠れないのです。

湯船に浸かる場合は38度から40度程度のぬるま湯がおすすめであり、ぬるま湯は副交感神経を刺激して快眠へ導いてくれます。またシャワーだけで済ませたい方や湯船が設置されていないという方はシャワーの温度もぬるま湯に調整して、長湯しないようにすることで快眠することができます。

入浴するタイミングを考える

お風呂に入ると全身の血行が促進されるので、体の芯から温まってきます。お風呂から上がると深部体温と呼ばれる体内の温度が次第に下がり、体温が下がることで人間は眠気を感じます。お風呂から上がって30分ほど経過すると深部体温が下がりますので、快眠するためには眠る1時間から2時間前が入浴のベストタイミングと言えます。

バスルームの照明を暗くする

明るい光を見てしまうと交感神経が刺激されますので、バスルームの照明が明るいと寝付きが悪くなる可能性があります。寝室の照明だけでなくバスルームの照明を少し暗くするとメラトニンと呼ばれる睡眠ホルモンが分泌されますので、快眠へ導くことができます。明るい光は睡眠の妨げになりますので、お風呂上りにテレビやパソコンの画面は見ないようにすることも快眠のポイントとなります。

バスタイムをより充実させたいとお考えの方は、カラーセラピーTHE GIFT OF COLORの入浴剤をご利用ください。「色」に大変こだわっている入浴剤ですので、14色の入浴剤から、気になる「色」を選んでみたり、または、「癒し」、「やる気アップ」、「ダイエットのサポート」、「女子力アップ」など、目的やテーマを決めて入浴剤を選択することで、カラーセラピーが自宅で気軽に楽しめます。また入浴剤はプレゼントとしても人気となっていますので、誕生日プレゼントや母の日のプレゼントにおしゃれなアイテムを贈りたい方にもおすすめです。