冷えは万病のもと

冷えは万病のもとと言いますよね?
冷え取りは、病気の予防の1つとも言われています。

では、冷えを改善するために、
どのようにお風呂に入ると良いのでしょうか。

日本人は、42℃のお湯が好きと言われています。
実は、42℃のお湯は、外国の方からすると、かなり熱く感じる温度なのです。

熱いお湯に、さっと短い時間入る・・・
という入り方のお好きな方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実際は、熱いお湯に短い時間入るのは、
冷え取りにはあまりお勧めできません。

なぜなら、体の芯まで温まる前に、上半身が先にあたたまってしまうからです。
半身浴は、下から上へあたためて行くことで、「気」のめぐりも良くなると言われています。

冷えを取るためには、38~40℃のお湯に、
ゆっくり、時間を掛けて入るのが良いと言われています。

一番のお勧めは、38~39℃のお湯で半身浴を20~30分行う方法です。
本を読みながらのバスタイムだと一石二鳥ですね!

ゆっくり、ゆるめのお湯に入ると、「副交感神経」が刺激され
夜もぐっすりと眠れます。

就寝時間の2~3時間前に入ると良いでしょう。
そして、湯上りは、体が冷えないように気をつけましょう。

また、お風呂に入りながら行う「お風呂瞑想」もお勧めです。
瞑想は、頭を休ませて、心と体を整えるリラクゼーション法の1つです。

深呼吸を3回~4回行い、目を瞑って
頭を空っぽにして、お湯と体が一体化するイメージをしましょう。

頭に思考が浮かんでも、なるべく追わないように心がけるのがコツです。
はじめは、5分の瞑想からチャレンジしてみると良いかもしれません。
5分できたら、10分、15分・・・30分と徐々に長くして行きます。

上手にできるようになると、脳の疲労が取れて、とてもすっきりします。

また、気持ちを前向きに、あなたの願いを後押しするために
色彩心理を利用した入浴剤、「カラーバス」もお勧めです。

あなたをサポートしてくれるカラーバスは何色でしょうか?
↓↓↓
http://giftofcolor.jp/?page_id=23

寒さに向う季節、お歳暮やクリスマスプレゼントに如何でしょうか?
GIFT_L3

 

 

 

 

 

「THE GIFT OF COLOR 14Color’s Bath」は、14色の入浴剤のセットです。

1つ1つ違う色、違う香りが楽しめます。
おしゃれなギフトボックスに入り、色の意味が書かれたメッセージブックも入っています。

表紙1-裏表紙28P

毎日の気分で入浴剤を選び、自分の心理をチェックしたり、
逆に色の意味から、入りたい入浴剤を選ぶのも楽しいものです。

セルフケアやモチベーションアップになるので、
忙しい毎日を送っているあの方へ・・・

「癒しの時間」をプレゼントしませんか?

お買い物はこちら

※カラーバスをご使用いただいた方へ

よろしければ、アマゾンのカスタマーレビューに、感想をお願い致します。

カラーセラピーをご存じない方に、少しでも興味を持っていただけたらと思います。

アマゾンはこちら

LINEで送る